かめぶろ!

5ch鉄道路線車両板まとめブログです! 鉄道ニュースも配信しています。

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/24(月) 20:03:06.57 ID:V2l3nYGE9
    2023年春の開業に向けて整備中の北陸新幹線金沢―敦賀間で、難工事区間の一つとされている福井県内の新北陸トンネル(約19・7キロ)の貫通予定時期が
    当初予定の4月ごろから2~3カ月遅れ、今年6~7月ごろにずれ込むことが2月21日、分かった。
    想定よりトンネル周辺の地盤が脆弱なため。
    建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、現時点で開業時期への影響はないとしている。

    南越前町から敦賀市へと至る新北陸トンネルは、六つの工区に分けて掘削。
    全体の掘削率は98%で既に5工区は貫通しており、敦賀市の田尻(約2・1キロ)を残すのみとなっている。

    最後の田尻工区はこれまで、2020年4月ごろの掘削完了を予定していた。
    しかし、地表からトンネル天井部まで間の地質に、想定以上にもろい場所があることが判明。崩落しないよう慎重に掘り進める必要が生じたという。

    北陸新幹線のトンネル工事を巡っては、あわら市の柿原トンネル(約2・5キロ)で2017年9月に崩落事故が発生し、当初の予定より貫通が約3カ月遅れた。
    同機構は敦賀開業に向けて「貫通は遅れるが、影響が生じないよう着実に工事を進めたい」としている。

    新北陸トンネルを含め金沢―敦賀間にはトンネル12本が設けられ、既に柿原トンネルを含め10本が貫している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00010002-fukui-l18
    2/24(月) 19:36配信

    https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FFukuishimbun%252FFukuishimbun_1035187_cea7.jpg,zoom=600,quality=70,type=jpg
    https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/1/8/1140/img_18f68bf21ebcfcf1ba0e6e1ff1295a75164114.jpg
    https://abhp.net/rail/img/Rail_Hokuriku-Shinkansen_000002.jpg
    https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/6/f/600/img_6fe07205cf54f95f9553fbc11ab37619194058.jpg
    https://kanazawamachigation.com/wp-content/uploads/2019/12/DSC_6727.jpg

    【【鉄道】北陸新幹線の新北陸トンネルが貫通遅れ 難工事区間の一つ】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/21(金) 12:20:12.32 ID:fX0Byxk49
    三月で四十年の歴史に幕を閉じるJR只見線の車両「キハ40形」に感謝の気持ちを伝えようと、柳津町の住民有志らは二十九日、町内の会津柳津駅で列車に手を振るイベントを催す。
    国鉄時代から沿線住民や鉄道ファンらに親しまれてきた車両だけに、今後も各地で惜別企画が繰り広げられそうだ。

    二十九日のイベントは住民有志でつくる「柳津町JR駅を守る会」と柳津観光協会が共同で企画した。午後一時二十三分と午後二時七分の二回、ホームで列車に手を振る。
    申し込みをせずに誰でも参加できる。「ありがとう」「お疲れさま」など感謝のメッセージを書いた紙を用意する。

    守る会会長の山内拓也さん(57)は「多くのみなさんで気持ちを伝えよう」と参加を呼び掛けている。

    キハ40形は一九七九(昭和五十四)年に只見線に導入された。JR東日本のダイヤ改正に伴い、三月十三日で定期運行を終える。只見線を最後に、仙台支社管内から姿を消すことになる。

    三月二十一、二十二の両日には専用臨時列車「ありがとう只見キハ40」が県内で走る。両日とも満席となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00000004-fminpo-l07
    2/21(金) 8:19配信

    https://www.cafe-dragoon.net/trip/train/kiha40_tadami01.jpg
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200221-00000004-fminpo-000-1-view.jpg
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200127-00010004-minyu-000-1-view.jpg
    https://i.ytimg.com/vi/F_WP8LSABsI/maxresdefault.jpg
    (サムネイル画像はwikipediaより)
    【【鉄道】JR只見線「キハ40形」3月引退 29日惜別イベント 会津柳津駅】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/22(土) 12:11:59.10 ID:CyFnNIyc9
     富山駅の南北を走る路面電車の「南北接続」開業まであと1か月となりました。来月21日の開業を前に21日、富山ライトレールから富山地方鉄道へ路線の引き継ぎが行われました。ライトレールは22日に地鉄に吸収合併され、「富山ライトレール」は企業としての役目を終えます。


     富山駅北で午後4時から行われた式典では、富山ライトレールの
    粟島康夫社長から富山地方鉄道の辻川徹社長に電車のハンドルが手渡されました。富山ライトレールの粟島社長は挨拶で感謝の気持ちを述べました。

    富山ライトレール粟島社長「富山市に次世代型の路面電車が走っていることで、多くの鉄道マニアの方々だけではなく富山市のファンが全国的に増えているようだ。こういった現象の一翼を弊社がになっていたと思うと感慨深い」

     また富山地鉄の辻川徹社長は「公共交通全体が活性化していくよう、これまで以上に努力したい」と述べました。

     富山ライトレールは、JR富山港線を路面電車化するにあたり、運行を担う第三セクター会社として設立され、2006年4月に富山駅北から岩瀬浜までの総延長7.6キロで開業しました。LRTと呼ばれる低床車両は「ポートラム」の愛称で親しまれ、14年間で2500万人を乗せ走ってきました。来月21日に富山駅南側の
    市内電車とつながることに伴い富山地鉄に吸収合併され、企業としての役目を終えます。これまで「ライトレール」として親しまれてきた路線は22日から、JR時代と同じ「富山港線」として地鉄に運営が一元化されます。そして来月21日からは岩瀬浜から富山市街地を結ぶ総延長15・2キロで開業し、全区間一律の料金で利用できるようになります

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00000448-knb-l16
    2/21(金) 19:27配信

    https://wind.ap.teacup.com/ottotto/timg/middle_1140704955.jpg
    https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1c/32/88ae2b691d49e43dffee4d40855db96e.jpg
    https://w1.avis.ne.jp/~mat/photo-o/t73-2.jpg
    https://resemom.jp/imgs/p/85E-uQits26mttRV9UEgGNNFxkioS0pNTE9O/246345.jpg

    【【鉄道】さよなら「富山ライトレール」 22日から「富山港線」(富山県)】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/02/21(金) 16:17:32.71 ID:5JxIoCTa9
    https://contents.trafficnews.jp/image/000/034/586/large_200221_jrcwqwifi_01__1_.jpg

    JR東海とJR西日本、JR九州は2020年2月21日(金)、東海道・山陽・九州新幹線の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」について、3月30日(月)に全車両で環境整備が完了すると発表しました。

    「Shinkansen Free Wi-Fi」は東海道・山陽・九州新幹線の車内で利用できる無料Wi-Fiサービスです。2018年7月より順次、整備を終えた車両から提供が行われてきました。3月30日(月)以降は、東海道・山陽・九州新幹線の全列車でこのサービスが利用できるようになります。

     なお、「Shinkansen Free Wi-Fi」は携帯電話の電波を利用しているため、電波の届かない九州新幹線 川内~鹿児島中央間のトンネル区間ではサービスを利用できません。圏外の解消に向けた工事が進められており、2020年夏までには利用できるようになる見込みです。

    「Shinkansen Free Wi-Fi」の整備完了に伴い、1985(昭和60)年から提供されてきた車内でのテロップニュースは3月14日(土)をもって終了します。乗客の多くがスマートフォンなどで各種情報を取得できる環境が整ったためといい、今後はニュースに代わり、日本語と英語による新幹線の利用案内の充実が図られます。

     また、東海道新幹線での契約者向け「車内公衆無線LANサービス」も3月31日(火)で終了する予定です。

    【了】

    2020.02.21
    https://trafficnews.jp/post/93948

    【【鉄道】東海道新幹線の車内字幕ニュース終了 山陽九州との無料Wi-Fi整備完了で】の続きを読む

    このページのトップヘ