かめぶろ!

5ch鉄道系ニュースまとめブログです! Twitterやヤフーニュースなども紹介しています!

    2020年12月

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/12/30(水) 08:24:10.94 ID:fM9YzrNt9
    https://youtu.be/U06bx_Fr0gI


    https://i.imgur.com/4soGQHX.jpg

    2021年2月に営業運転に入る東京メトロ17000系。

    有楽町線 副都心線を軸とし、東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線、西武有楽町線・池袋線、東武東上線へと乗り入れる17000系は、8両編成15本120両を近畿車輛で、10両編成6本60両を日立製作所でつくり、既存の営団地下鉄7000系を同数置き換える。

    8両編成と10両編成の2パタンをもつ形式は、この5社7線直通ルートを行く8形式のなかでも、メトロ7000系・17000系と東急5000系の3形式のみ。

    この2パタン構成の東京メトロ新型車両に求められた走行性能条件と、それを乗り越えるスペックは……。

    17000系設計までの背景と求められた走行性能条件
    関東私鉄と相互直通する東京メトロ車両は、自社路線環境や、直通先の仕様にあわせたつくりが求められる。

    まず自社路線は、駅間が短く急勾配が続く区間も多く、高加減速をもちながらも省エネ性能が必要とされる。

    また、建設時の制限・制約などから急曲線も多く、高い曲線通過性能も要る。有楽町線・副都心線にはR100~300という急曲線が8.9%も存在する。

    さらに直通運転先では、優等列車が複数設定された高速区間もあることから、高速性能も要るうえに、各社の保安設備や情報機器などにあわせたシステムを載せる必要がある。

    MT配置バランス化や力行電力量削減、回生電力量増大、並列同期/休止制御方式
    こうした条件から、17000系は、加速度3.3km/h/s、減速度3.5km/h/s(常用)、最大速度110km/hの走行性能を実現。制御方式は2レベル・ベクトル方式VVVFインバータを採用した。

    主回路は4群構成。1群で1モータを各軸で制御し冗長性を向上。4M6T(モータつき4両+モータなし6両)という構成を実現。しかも17000系10両はT-M-T-M-T-T-M-T-M-Tと、モータつき車とモータなし車をバランスよく配置し、線路荷重へも配慮した。

    また、高効率な永久磁石同期電動機(PMSM:Permanent Magnet Synchronous Motor)やフルSiC素子などを採用し、スイッチングロスによる力行電力量の削減、回生領域の拡大による回生電力量の増大を図った。

    さらに、電源装置は240kVAの静止形インバータ(SIV)を1編成2台搭載。車両全体の負荷が少ないときに1台の静止形インバータ(SIV)を停止させ、SIVを高効率領域で積極的に稼働させる並列同期/休止制御方式を採用した

    2020.12.27
    https://tetsudo-ch.com/11043540.html

    https://i.imgur.com/Gl0mm0B.jpg
    https://i.imgur.com/qapusqM.jpg

    【【鉄道】東京メトロ 有楽町線 副都心線 17000系に求められた走行性能条件とは 2021年2月導入 [砂漠★]】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/12/29(火) 21:18:48.57 ID:ZXOFSQU/9
    "水郡線"

     JR東日本水戸支社が12月18日、2019年10月の台風19号の影響による被災で運転を見合わせていた水郡線の袋田(茨城県大子町)~常陸大子駅間の運転を来年3月27日から再開すると発表した。(水戸経済新聞)

     水郡線では、台風19号の影響により橋が流出するなどの被害を受け、西金駅~常陸大子駅間で運行を見合わせていた。今年7月に西金~袋田駅間で運行を再開。現在は、袋田~常陸大子駅が不通という状態。

     全線再開は1年5カ月ぶりとなる。3月13日~26日は、袋田~常陸大子駅間で試運転列車を運転し、全線再開の最終調整を進める。3月26日までは引き続き上小川~常陸大子駅間で代行バス輸送を継続する。

     3月13日からのダイヤ改正に合わせ、水戸線の小山(栃木県小山市)~友部駅(茨城県笠間市)と、友部~勝田駅(同ひたちなか市)の常磐線直通(一部は友部~水戸駅)でワンマン運転を始める。現行と同様、全列車をE531系5両編成で運転し、全てのドアから乗り降りできる。

     常磐線は勝田駅行き下りの最終列車の運転時刻を繰り上げる。常磐線快速は上野駅から乗車する場合、取手駅までの最終は午前0時23分から23分、土浦駅までの最終は現在の午後11時42分とほぼ変わらない一方、勝田駅までの最終は午後11時12分から23分繰り上がる。

     JR東日本は「主に東京100キロ圏の主要路線で終電時刻の繰り上げなどを行うことにより、保守作業時間を拡大し、作業従事者の働き方改革推進や鉄道設備の設置・保守のスピードアップによるサービス向上を図るとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大を契機としたお客さまの行動様式の変化に対応する」としている

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6fde01d2a6ee8cdbad026d540cae688ed3618d45
    12/29(火) 13:00配信

    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20191013000748_comm.jpg

    https://stat.ameba.jp/user_images/20191017/09/kihae130/54/80/j/o1080081014616460410.jpg
    (※サムネイル画像はwikipediaより)

    【【鉄道】JR水郡線が2021年3月27日全線再開へ 昨年台風19号被災から復旧 [砂漠★]】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/12/29(火) 21:46:40.87 ID:ZXOFSQU/9
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/e/7e967_1621_c7b19b4c38dcb3178f9a6cfd65b5808e.jpg

    このTwitterと画像は、「富山地鉄アテンダント【公式】@t_chitetsu_ad」2020年12月14日の投稿。地図は鉄道チャンネルによるイメージ。

    富山地方鉄道 稲荷町テクニカルセンターにも雪がちらついた……というTwitter投稿のなかに、富山地鉄でまだ走ってないくるまがいる。

    西武鉄道10000系ニューレッドアローが4両。ここ富山地鉄 稲荷町にいる。

    西武001系ラビューが登場し、特急運用から離脱していく西武10000系のなかで、廃車した10102編成のクハ10102と、10106編成のクハ10106・モハ10206・モハ10606の合計4両が、ことし10月、富山地方鉄道に行った。

    輸送ルートは、小手指車両基地から西武池袋線~JR武蔵野線 連絡線を伝ってJR武蔵野線の新秋津へ入る。新秋津からは、高崎機関区のEH200電気機関車に引かれて高崎線・上越線を伝って長岡へ。

    長岡からは富山機関区のEF510に引かれて信越線・北陸線(えちごトキめき鉄道)を経て魚津へ到着し、魚津から富山地方鉄道のレールに移り、稲荷町へとむかった。

    これで富山地方鉄道は、西武の新旧レッドアローが同居するかたち。アルペン特急などを担う富山地鉄16010形(もと西武5000系レッドアロー)は、3両編成から2両編成化へと、先頭車クハと中間車モハの床下機器をまるっと入れ替えて短くした編成もある。

    富山地鉄10000系ニューレッドアローは、4両編成(クハ+モハ+モハ+クハ)のまま動き出すか。それとも、1両を予備車・部品用として残して3両で走らせるか。まだわからない。

    富山地鉄16010形(もと西武5000系レッドアロー)は、国鉄485系の電動機(モータ)や台車、京急1000形の主幹制御器を流用するといった編隊を組んだ。今回の10000系は、下回りもそのままで輸送されたようにみえる。

    西武、京阪、東急と、大手私鉄の名車が集まる富山地方鉄道。その“最新モデル”、西武10000系はどんな姿で走り出すか。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19458302/
    2020年12月29日 15時0分
    鉄道チャンネルニュース


    https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/055/714/132/2cc9f3ac0a.jpg

    https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/055/713/976/a44ce75ce8.jpg

    https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/anzensokusen/20201017/20201017141453.jpg

    【富山地鉄に行った西武10000系 新旧共演や地鉄対応改造どうなる [砂漠★]】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/12/29(火) 07:06:16.34 ID:MXCve/OM9
     主に長野県北部で鉄道を運行するしなの鉄道が、2021年3月13日(土)にダイヤ改正を実施します。

     改正に伴い、新型車両SR1系電車が一般車としても運行開始。本数は4編成8両です。SR1系は2020年夏に有料快速列車用としてデビューしましたが、今回一般車として導入される車両はトイレが新設されたほか、ボックス席のシートピッチが広くなっています。ただし、座席配置を変更することにより、車両定員は従来車両の115系電車より約10%増えています。

     その115系はSR1系と入れ替わる形で、S25編成とS27編成の計2本が廃車されます。これに伴い、しなの鉄道の全列車のうち約3割がSR1系になります。ダイヤ改正後、SR1系の一般車はしなの鉄道線の上り列車で12本、下り列車で13本が運行予定。北しなの線では上り列車が6本、下り列車が7本です。

     そのほか、しなの鉄道線の軽井沢~小諸間で増便運行が継続されます。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/853aec86ea533454eda34c87f685af1d03bdd962
    12/28(月) 10:11配信

    https://contents.trafficnews.jp/image/000/041/742/large_201218_shinano_01.jpg

    https://contents.trafficnews.jp/post_image/000/070/819/large_201218_shinano_02.jpg
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20200622004428_comm.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/EUAPW4AUUAAKkNQ.jpg

    https://www.shinanorailway.co.jp/news/20170818_yokosukasyoku.JPG

    https://www.shinanorailway.co.jp/karuizawastation/news/assets_c/2019/04/mini_DSC_0650-thumb-1120x748-5940.jpg
    https://www.shinanorailway.co.jp/news/sharyou_unyo201901.jpg

    【【鉄道】トイレ付き新型SR1系一般車に導入 しなの鉄道3月ダイヤ改正で 115系は2本が廃車に [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/12/29(火) 06:51:55.97 ID:MXCve/OM9
    国土交通省は2020年12月28日(月)、JR北海道が鉄道事業廃止届を提出していた日高本線の鵡川~様似間116kmについて、廃止日の繰り上げを認めると、JR北海道および関係する地方公共団体へ通知しました。


     鵡川~様似間をめぐっては2020年10月27日、廃止予定日を2021年11月1日として国へ鉄道事業廃止届が提出されていましたが、その際、廃止日の繰上を実施したい旨の陳述が行われていました。これを受け、国は鉄道事業法の規定に基づき、「路線の廃止を行った場合における公衆の利便の確保に関する意見の聴取」を12月8日に行ったということです。

     その結果を踏まえ、国土交通省は関係者へ「廃止の日を令和3(2021)年4月1日に繰り上げたとしても公衆の利便を阻害するおそれがないと認める」と通知しました。

     なお、日高本線の8割を占める鵡川~様似間は、2015年1月以降、高波や豪雨、台風により盛土や橋の流出などが相次ぎバスによる代行輸送が続いています。JR北海道は、その復旧の断念とバスなどへの転換に向けた沿線自治体との協議を進め、10月に廃止の同意が得られたことを受け、廃止届を提出しました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/76d055682d5830762c9af79bcbabc2f694642c9f
    12/28(月) 14:40配信

    83
    この記事についてツイート
    この記事についてシェア

    https://hokkaidofan.com/wp/wp-content/img/uploads/1b62b22cd701adcfe9b8a0024cb2d4da.jpg

    https://tabiris.com/wp1/images/2019/09/hidakasen2018.jpg
    https://contents.trafficnews.jp/image/000/039/988/large_201007_hdk_01.jpg

    https://www.youtube.com/watch?v=MuG2ukJtAKk

    前面展望 普通列車(苫小牧→様似)
    (※サムネイル画像はwikipediaより)

    【【鉄道】日高本線、廃止7か月前倒しへ 「鵡川~様似」2021年4月に繰上げ [砂漠★]】の続きを読む

    1: 少考さん ★ 2020/12/24(木) 18:21:48.87 ID:Vgy2tx/l9
    南海電鉄の改札機で「Visaのタッチ決済」「QRコード」実証実験 - トラベル Watch
    https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1297428.html

    編集部:大竹菜々子2020年12月24日 16:17

    https://travel.watch.impress.co.jp/img/trw/docs/1297/428/html/01.jpg.

    南海電鉄、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパンは、南海電鉄の一部の駅で「Visaのタッチ決済」「QRコード」による入出場の実証実験を2021年春から実施する。

    今回の実証実験では、「なんば」「関西国際空港」や「和歌山」、世界遺産「高野山」を結ぶ南海電鉄の一部の駅にVisaのタッチ決済用改札機を設置予定。これにより、Visaのタッチ決済対応カード1枚で移動から買い物まで完結できる。

    「都度利用」と「事前購入」の2種類のサービスを提供。「都度利用」では、Visaのタッチ決済機能のあるクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを、入場時と出場時に改札機にかざすことで、改札通過と運賃精算をすることが可能。普段使用しているVisaカードにより、乗車区間の運賃をその都度決済する。

    「事前購入」では、南海電鉄が提供するアプリまたは販売サイトで企画乗車券を事前に購入し、スマートフォンに表示されたQRコードを改札機にかざすことで改札通過が可能となる。


    ※関連リンク
    (QUADRAC)
    2021年春より南海電鉄の改札機でVisaのタッチ決済利用の実証実験を実施
    https://quadrac.co.jp/news/127/

    (南海)
    インフォメーション一覧|南海電鉄
    https://www.nankai.co.jp/information.html

    2020年12月24日 2021年春より南海電鉄の改札機で「Visaのタッチ決済」、「QRコード」利用の実証実験を実施します(PDF:351KB)

    【【鉄道】南海電鉄の改札機で「Visaのタッチ決済」「QRコード」実証実験【決済】 [少考さん★]】の続きを読む

    1: チミル ★ 2020/12/27(日) 12:03:07.45 ID:GsUwMuP+9
    真岡鉄道から東武鉄道に譲渡された蒸気機関車(SL)の出発式が26日、栃木県日光市の東武鬼怒川線・下今市駅で行われた。同線で初のお披露目とあり、ホームには多くの鉄道ファンが集まった。

    東武鉄道が譲り受けたSLは「C11形325号機」。同鉄道のSLは2台体制となり、東武鬼怒川線・下今市駅―鬼怒川温泉駅間を走るSL「大樹」、東武日光線・下今市駅―東武日光駅間も走行するSL大樹「ふたら」として運行される。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201227-OYT1T50102/ 
    https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201227-OYT1I50027-1.jpg
    (※サムネイル画像はwikipediaより)

    【【鉄道】「煙と音に迫力」東武鉄道の2台目蒸気機関車(SL)お披露目!多くの鉄道ファン集まる [チミル★]】の続きを読む

    N700S


    【【在来線】キモヲタ「東海は新幹線のデザインに魅力が無いし見た目薄汚いから殿様商売」(暴論)】の続きを読む

    1: 紅まどんな ★ 2020/12/26(土) 20:52:42.89 ID:gVWZJ8XS9
    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、東京都は26日、都営地下鉄大江戸線について、27日から通常の7割程度で運行すると発表した。

     15~25日までに大江戸線の運転士計15人の感染が確認され、濃厚接触者を含め運転士21人が出勤できなくなり、通常運行に必要な人員確保が難しいと判断して、減便を決めたという。

     平日となる28日朝のラッシュ時間帯(午前7時半~8時半)は通常通りの運行を予定しているという。減便する期間は来年1月11日ごろまでをめどとしている。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19445994/
    (※サムネイル画像はwikipediaより)

    【【東京】都営大江戸線の運転士15人が感染 来年まで通常の7割に減便へ [紅まど★]】の続きを読む

    1: チミル ★ 2020/12/25(金) 08:22:39.04 ID:iYuVaRtt9
    東京都交通局は、QRコード(tQR)を用いたホームドア開閉制御システムを2023年度までに浅草線の全駅に導入すると発表しました。

    tQRは、東京都交通局とデンソーウェーブが共同開発したもので、ホームの天井に設置したカメラ(読み取り装置)で、tQRを読み取り、車両ドアの開閉に合わせてホームドアを開閉する仕組みです。


    ※引用ここまで。全文や画像は下記よりお願いいたします。
    https://japanese.engadget.com/tqr-denso-wave-212315493.html
    (※サムネイル画像はwikipediaより)

    【【鉄道】QRコードで開閉制御するホームドア、浅草線全駅に導入へ [チミル★]】の続きを読む

    このページのトップヘ