かめぶろ!

5ch鉄道系ニュースまとめブログです! Twitterやヤフーニュースなども紹介しています!

    2021年01月

    315予想イラスト


    【【在来線】キモヲタ「今回は3連の静岡集約が1つのテーマになってると思う」※なお315系は4連】の続きを読む

    315予想イラスト


    【【在来線】キモヲタ「中央線は切ったり貼ったりもう辞めたいから8連!」なお大垣に短編成を転属させる模様(爆笑)】の続きを読む

    315予想イラスト


    【【在来線】まだ転クロが静岡に来ると妄想してるの?(嘲笑)】の続きを読む

    名古屋駅8番線



    【【在来線】中央線のホームドアはどうなるのか?】の続きを読む

    刈谷駅

    【【在来線】刈谷の躍進が止まらない アクセスの良さで流入増加【小ネタ】】の続きを読む

    HC85
    【【在来線】HC85はいつ営業を開始するのか】の続きを読む

    セントラルライナー



    【【在来線】B200ミュージェット取り付けで静岡転属の線はほぼ消える】の続きを読む

    no title



    ★関連まとめ
    【【在来線】中央厨「ホームドアのマーキングにへっこみがないから8両固定!」(その1)】   
    http://kameburo.blog.jp/archives/25434536.html

    【【在来線】中央厨「ホームドアのマーキングにへっこみがないから8両固定!」(その2)】
       
    http://kameburo.blog.jp/archives/25521074.html
    【 【在来線】中央厨「ホームドアのマーキングにへっこみがないから8両固定!」(その3)【例のお方】】の続きを読む

    1: マスク着用のお願い ★ 2020/12/11(金) 23:16:38.23 ID:IV2y97dM9
    https://www.chunichi.co.jp/article/168288?rct=mie
    伊勢鉄道に公的資金 乗客激減、県が緊急支援方針

    県が出資している第三セクターの地域鉄道「伊勢鉄道」(本社・鈴鹿市)の経営が新型コロナウイルスの影響で悪化しているとして、県は十日、公金を投入して緊急支援をする方針を示した。県議会総務地域連携委員会で、支援に向けて関係市町と調整していることを明らかにした。

     伊勢鉄道は、河原田(四日市市)-津駅間の二二・三キロ。JRの特急や快速、普通列車が運行している。県によると、例年は運賃収入が五億円前後あるが、本年度は新型コロナで乗客が激減。上半期(四~九月)の運賃収入は前年度の三分の一に低迷し、通期でも多額の損失が見込まれているという。

     県は「地域住民の通勤、通学の手段として大きな役割を担っている」として、支援する方針を報告。伊勢鉄道の設備整備などのために接続するJR線も含めた沿線の十五市町(津市、四日市市など)と積み立てている基金を取り崩し、本年度から三年度分を限度とする方向で調整している。支援の金額は未定。

     委員からは、「企業の経営努力が見えない」など厳しい意見が出た。

     伊勢鉄道は旧国鉄の伊勢線が廃止となり、一九八七(昭和六十二)年に第三セクターとして営業をスタート。県が40%出資している。 ...
    (リンク先に続きあり)

    2020年12月11日 05時00分 (12月11日 05時00分更新) 会員限定
    中日新聞

    【【三重県】伊勢鉄道に公的資金 乗客激減 [マスク★]】の続きを読む

    1: 愛の戦士 ★ 2021/01/03(日) 18:47:36.71 ID:ne328mu49
    京都市下京区の京都鉄道博物館で、扇形車庫から蒸気機関車(SL)の先頭部分を出す新春恒例の「頭出し」展示が行われている。3日も鉄道ファンが訪れ、ずらりと並んだSLの撮影を楽しんだ。11日まで。

     2~3日は明治時代に製造された「義経号」など18両が特別公開された。4日以降は国内最大の旅客用SL「C62形1号機」やお召し列車として活躍した「C51形239号機」など13両が展示される予定。

     担当者は「蒸気機関車の迫力を感じてほしい」と話した。前売り入館券が必要。詳細は同館公式サイト(http://www.kyotorailwaymuseum.jp)。

    https://www.sankei.com/west/news/210103/wst2101030002-n1.html

    【SL「頭出し」展示でずらりそろい踏み 京都鉄道博物館 [愛の戦士★]】の続きを読む

    このページのトップヘ