かめぶろ!

5ch鉄道系ニュースまとめブログです! Twitterやヤフーニュースなども紹介しています!

    名古屋の話題

    Yatomi_Station
    (※サムネイル画像はwikipediaより)

    【【関西線】JR弥富駅 橋上駅舎化で名鉄と改札分離へ 2022年度より】の続きを読む

    1: マスク着用のお願い ★ 2020/12/11(金) 23:16:38.23 ID:IV2y97dM9
    https://www.chunichi.co.jp/article/168288?rct=mie
    伊勢鉄道に公的資金 乗客激減、県が緊急支援方針

    県が出資している第三セクターの地域鉄道「伊勢鉄道」(本社・鈴鹿市)の経営が新型コロナウイルスの影響で悪化しているとして、県は十日、公金を投入して緊急支援をする方針を示した。県議会総務地域連携委員会で、支援に向けて関係市町と調整していることを明らかにした。

     伊勢鉄道は、河原田(四日市市)-津駅間の二二・三キロ。JRの特急や快速、普通列車が運行している。県によると、例年は運賃収入が五億円前後あるが、本年度は新型コロナで乗客が激減。上半期(四~九月)の運賃収入は前年度の三分の一に低迷し、通期でも多額の損失が見込まれているという。

     県は「地域住民の通勤、通学の手段として大きな役割を担っている」として、支援する方針を報告。伊勢鉄道の設備整備などのために接続するJR線も含めた沿線の十五市町(津市、四日市市など)と積み立てている基金を取り崩し、本年度から三年度分を限度とする方向で調整している。支援の金額は未定。

     委員からは、「企業の経営努力が見えない」など厳しい意見が出た。

     伊勢鉄道は旧国鉄の伊勢線が廃止となり、一九八七(昭和六十二)年に第三セクターとして営業をスタート。県が40%出資している。 ...
    (リンク先に続きあり)

    2020年12月11日 05時00分 (12月11日 05時00分更新) 会員限定
    中日新聞

    【【三重県】伊勢鉄道に公的資金 乗客激減 [マスク★]】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2020/12/30(水) 11:07:11.43 ID:D0KeZ8O69
    国内豪華列車の先駆けとなった近畿日本鉄道の特急12200系(愛称・新スナックカー)が2021年3月、老朽化のため引退する。翌年の大阪万博に合わせるために1969年にデビューし、トイレを洋式にするなどインバウンド(訪日外国人)にも対応。半世紀にわたって関西の鉄路を走り続け、英国のエリザベス女王を運んだこともある。新型コロナウイルスの影響で特急の需要が低迷する中、近鉄は「密を避けた『さよなら運転』で看板列車を穏やかに見送りたい」(鉄道本部)としている。

    サービスと快適さで勝負

    「古くさくはなりましたが、半世紀を走り抜いたのは信頼性の高さの証し。まさに近鉄を象徴する特急でした」。12月中旬、東大阪市の近鉄東花園検車区。時代を感じさせるオレンジと紺に色分けされた車体を見上げ、技術管理部主査の奥山元紀さん(60)はしみじみとつぶやいた。

    12200系が投入される前、近鉄はドル箱路線だった名古屋―大阪間での利用客減少に悩んでいた。原因は64年に開通した東海道新幹線。「夢の超特急」は同区間を1時間程度で結び、2時間程度の近鉄では「勝負にならない」(当時の佐伯勇社長)。スピード競争を諦めた近鉄が選んだのは「サービスと快適さ」を備えた豪華列車の開発だった。

    初期車両には軽飲食を提供するスナックコーナーを設け、まだ珍しかった電子レンジを搭載。調理・サービスは系列の都ホテルが担当し、乗客におしぼりを配った。背もたれを倒すと座面が前方にスライドする最新式のリクライニングシートを採用。大阪万博による外国人の利用を想定し、日本人には珍しかった洋式トイレも取り入れた。 (以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/毎日新聞社
    https://mainichi.jp/articles/20201228/k00/00m/040/350000c
    画像
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/12/28/20201228k0000m040394000p/0c10.jpg

    【【鉄道】英女王も乗車した豪華特急の先駆け 近鉄12200系が3月で引退 [あずささん★]】の続きを読む

    さわきん大曽根@ブログ347


    【【新線】栄は来訪者のうち7割近くが市内居住者…市外からのアクセスをどう改善するか】の続きを読む

    SRT

    【【新線】鶴亀氏「SRTで名駅と名大を結ぶのは大きな経済効果がある」】の続きを読む

    東山線

    【【新線】鶴亀氏 栄には回遊性が必要 柳橋より東新町に新駅を!【妄想】】の続きを読む

    ささしま (40)
    【【新線】オワコン栄厨 ささしま再開発に八つ当たりwww】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2020/12/08(火) 07:29:00.34 ID:DEKBi1969
     名古屋市営バスの運転手が自殺したのはパワハラなどが原因として、遺族が損害賠償を求めていた裁判で、名古屋地裁は7日、市に6300万円余りの賠償を命じる判決を言い渡しました。

     名古屋市営バスの運転手だった山田明さん(当時37)は、上司のパワハラなどが原因で2007年に焼身自殺し、4年前「公務災害」と認定されましたが、市は「指導に問題はない」と回答。遺族はパワハラなどが原因として損害賠償を求め、訴えを起こしていました。

     7日の裁判で、名古屋地裁は「山田さんに心理的な負荷が掛かることは十分に予見できた」などとして遺族の訴えを全面的に認め、市におよそ6380万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

    母・山田雅子さん(79):
    「もっと(息子を)考えてやってたらよかったかなと後悔しますけど、この判決で喜んでくれると思います」

     市は「判決文を精査した上で適切に対処していきます」とコメントしています。

    12月07日 21:25 東海テレビ
    https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20201207_150620

    【上司のパワハラ等が原因…市バス運転手が焼身自殺 訴え認め市に6300万円余賠償 [ばーど★]】の続きを読む

    ささしま (40)
    【【新線】鶴亀氏 アフターコロナの名古屋を語る 時代はマンション建設に移行か】の続きを読む

    photo0000-5348

    【【新線】栄厨「名駅と栄でリニアへの依存度が違う」とコロナ禍でも能天気】の続きを読む

    このページのトップヘ